TOEICの得点が「劇的」に上がる人の特徴は「素直さ」

最近で一番嬉しかったことは、受講生さんの劇的な点数アップです。

ご相談にみえたときは860点台だったEさんですが、

一年後、なんと950点に到達されました。

一方、なかなか伸びない方もいらっしゃいます。

私も万能ではないので、少しコーチングしただけで

魔法のように得点が上がりますよ、とはいい切れません。

だけど、得点が上がる方とそうでない方の違いはわかってきました。

それは、言われたことを実行する「素直さ」があるかどうか、です。

ただそれだけ。

宿題を出しても、ちゃんとやってくる人はその宿題の意味がわかってやっています。

でも、残念ながら素直でない人は、「このやり方でいいのだろうか、もっと

効率がいいやり方があるのではないか」「清美コーチはあんな風にいうけど

YouTube見たら『英語はお勉強ではない』とか、『聞くだけでぺらぺらに

なる』とか言ってるじゃん。問題集をコツコツなんてやってられないよ!」と

疑問を掲げて、あるいはやらなくてもいい理由をわざわざ探して、

結局、いつまでも英語力が向上しないのです。

7年前、私がまったくの初心者からたった4ヶ月で初マラソンを完走できたのは

マラソン経験がある友人が作ってくれたトレーニングプログラムを

まさに素直にこなした結果でした。

「素直さは」は、教えることができない資質なのです。

あなたも、勉強するならば、やはり先達の教えを素直に聞き、

多少面倒くさくても地道にやり始めることが最終的には

一番の近道です。

自己流は、TOEIC900点超えてからでいいと思います。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。