英語学習失敗物語(1)

英語を教えている人が必ずしも「最初から英語ができた」わけではない。

むしろ、「誰よりも失敗」を重ねてきた人のほうが多いかもしれない、と思っている

私もその1人だ。

英検1級は、その語彙の難しさに、なかなか合格しなかった。

合格したのは、アメリカで大学院を出て帰国して、そして一応

問題集を解いて準備してからである。

大学を卒業して結婚するまでの半年の間、実家から通訳学校に通っていた。

その時に英検1級の一次試験に合格したのだが

ものの見事に二次試験で 不合格になった。

当時の英検1級の二次試験は、グループ面接だった。会場である学校の教室に

15名程度が集められ、 コの字型に並べられた机の周りに座って

スピーチの順番を待つ。

暑い日だったので部屋のクーラーはガンガンに効いていた。

そのクーラーは、私が座ってる席の真後ろにあり、

冷風が私の背中に吹きつけた。

若かったけれど、さすがに冷やされすぎてトイレにいきたくなり、

つい、手をあげて「トイレに行きたい」と。

試験官は「先に済ませておけ」という態度で渋々承知した。

いや、済ませていたけれど、冷房の直撃に耐えられなかったのだ。

今なら「冷房が当たらないところに行きたい」とまずいうべきだったと

おもうのだけれど、「指定席」だったので席の変更を訴えることを

我慢してしまった。

もう、そんな状態で、しかも「英語をしゃべること」に(通訳学校に

行っていても)全く自信がなかったので、トイレ事件がなくても

落ちていただろうけど、もう、1分間のスピーチ時間のうち

10秒程度話をしただけであとは沈黙で立ちん坊。

いまだに思い出に残る不合格経験です。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。