短期集中講座にお申し込みいただきました!

TOEIC受験、「受けた方がいい」、でも「今は忙しい」「今はまだ受けても意味がない」
「今はもう少し基礎固めしてから」と、「今は」病の方が多いように感じています。
では、「今でない時」はいつ来るのでしょうか?

英語の勉強、「先延ばし」は、なしにしませんか?
学校に行くとか、コーチをつけるとか、通信教育を受けなさいとか、そういったことまでしなくてもいいのです。でも、「今」、始めることに意義があります。

1日10分から始める、あるいは目標を決める、「こうありたい」という自分を思い描く、その「絵」のなかに英語を使いこなせる自分があれば、「今」何かをはじめましょう。

私も、TOEICコーチになろう、と思った瞬間から
・4技能(読む、書く、話す、聞く)の能力を全部同時に向上させよう、と決めました。
そうするとそちらにアンテナが立ちます。
・いろんな情報が入ってきます。
・その中で自分ができること、を取捨選択してきました。
・そうした積み重ねでいつの間にか力がついてきて2020年にはTOEICを主催しているIIBCからAward of Excellenceをいただくことができました。

なので、「今はまだ」をやめましょう。

「今、始めよう」、これがあなたが前に進む小さなステップであり、大きな夢につながる道です。

5月23日のTOEIC受験に向けてお申し込みいただきました。
すでに素晴らしい資格をお持ちの方で、それに「英語」というフックをかければ
日本では「希少」な存在になれる…と目をキラキラさせながらお話する様子が印象的でした。
短期間に成果が出るよう、一緒に走っていこう、と思いました。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。