英語をしゃべれない人がしゃべれるようになる方法

とにかく、会話が苦手で苦手でずっと悩んできました。聴いたり、読んだりすることは大丈夫なのに、思っていることが話せない。

単語並べるだけでOK!

でもね、最初は単語並べるだけでもいいんです。そして、もどかしい思いをして、「あー、今日もうまく喋れなかった!」こういう「悔しい思い」をとにかく重ねていく。そう、何度でも、しつこく。そうするとね、だんだん、言いたいことの3割、そして5割、そして7割ぐらいが出てくるのです。「しゃべれない」ひとは、悔しい思いが足りない、そんな悔しい思いをしたくないからしゃべらない。悪循環に陥っていませんか?

失うものはない!

・悔しい? いいじゃないですか。悔しいと思うだけでは、失うものは何もありません。
・恥ずかしい?いいじゃないですか。勉強中なんだから。日本語だって、スピーチしてください、って言われた時には練習しますよね?まして外国語なんだから。
・できない→練習する、は当たり前。むしろ、できない→できるようになってきた、と成長を楽しみましょう。

口に出す!

「ことば」なんだから、口に出さないで伝わることはほとんどありません。もちろん以心伝心なんて言葉もあるけれど、言葉+ボディランゲージがあれば最高。
なので、とにかく、どんな簡単な文章でも、「口」に出して練習してください!

今日のできごと

最近は、毎週水曜日に「朗唱」recitationに力を入れている英会話スクールに通っています。朗唱だけでなく、プロジェクトワークといってグループで英語劇を作るなどのプロジェクトを行い、私のチームでは、5分のドラマを作りました。コロナ禍のご時世なので、すべてオンライン。それぞれが自宅で録音・録画した画像を貼り合わせてドラマを作るのです。私は脚本を担当させていただきました。5分のドラマがわずか2ヶ月でできて、面白い作品になって大満足。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。