リスニングのコツ

TOEICにせよ、英検準一級にせよ、リスニングは、同時に選択肢を読むリーディングでもあります。
得点を上げる、という点では選択肢を読む速度を上げるとそのままリスニングの得点アップにつながります。

では、早く「読む」にはどうしたらいいか?選択肢から得られる情報を「想像する」ことです。単語がわからないこともあるかもしれませんが、とにかくわかる状況を想像します。そうすると、問題文が読み上げられた時に、ほぼ瞬時に答えがわかるようになります。

読む、ということは「頭の中に状況を思い浮かべる」ということです。日本語でも、聞いたときに状況が浮かびますよね?たとえば、TOEICでは、「この会話が行われているのはどういう場所か?」という設問がよく出てきますが、選択肢は、1.工場、2.オフィス、3. 食堂、4. 家の中(まあ、こんな極端な選択肢はありませんが)などです。

予めそれぞれの場所の情景が先に浮かんでいると、問題文を読まれた時に合致するところに素早く気づくことができます。

要は、字面だけではなく、いかに情景が浮かぶか、なのです。簡単な英文をたくさん目にして読んだ情景が思い浮かぶようになったらリスニングの得点は飛躍的に上がります。これ、日本語でも普通にみなさんがやっていることですよ。

今日は英検準一級をめざす学習者さんと模試会。リスニングを実施しました。少しずつスコアが上がってきていて、本番が楽しみです。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。