英語力を上げるたった一つのコツは、毎日の挨拶を習慣化すること

英語を書けるようになるのも、聴けるようになるのも、そしてしゃべれる、読める、すべてがつながって「英語ができる」という状態ができあがります。
あなたにとって「英語ができるようになる」というのは、どういう状態ですか?

どうやって英語力を上げるか?私には続けるコツがあります。一体私がどうやっているのか、ご紹介しますね。


それは、英語と毎日ご挨拶することです。1日5分でも10分でも。では、どうやっているか?ずばり、習慣化、これしかありません。○○をやるときは、この課題をやる、みたいな。たとえば、私は毎日走ることを習慣にしていますが、その時は必ず英語を聞くことにしています。毎朝のご挨拶です


「さあ、英語やんなきゃ」というまるでVIPに会うようなやり方は続きません。お隣さんにご挨拶するように、それがコツといえばコツです。

さて、今日は、通っている英会話スクールで3月に実施する寸劇の脚本を1時間ほどで書き上げました。みんなでアイデアを出し、ほぼ完成。主人公はNiziUです。どんな舞台になるでしょうか?

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。