2020年12月受験TOEICの詳細が返ってきました

最新の結果では、総得点985点で、リスニング495点、リーディング490点で

一見するとリスニングの方がいいように見えますが、

パーセンタイルランクで見るとリスニングでは私の点数は97、

リーディングでは99と、リーディングの相対的な位置が高いようです。

(パーセンタイル:ある母集団の中においた場合に、私のスコアに満たない

受験者が何パーセントいるかを示したランク。今回の母集団は、

2017年1月から2019年12月に実施したTOEIC L&R公開テストの全受験者、だそうです)

まあ、リスニングもリーディングも「全問正解」ではなく、

どこかで間違えてはいるのですが、相対的にはいいレベルにある、という

ことでしょうか。

どうやればこんな点数になるか?

TOEICにかぎらず、英語の語彙を増やすこと、文法をしっかりやること、

できるだけ英語を読むこと…要は英語にたくさん触れること、です。

YouTubeの「ただヨビ」の予備校の先生のすばらしい解説つきで

文法をしっかり学んでもいいし、高校あるいは中学レベルの参考書を1冊でも

いいのです。一度、しっかり取り組む。

それが肝心なのですが、多くのTOEIC受験者が「要領のいい勉強」をしたがる。

要領のいい勉強とは、「少ない時間で多くの成果」を意味するようですが、

そうじゃなくて、問題集などに取り組む時に、たとえば、どうやったら

飽きずに自分なりに楽しく終わらせることができるか、をひと工夫すること、

だったりします。

・○○ページまでいったら「自分にご褒美」でもいいです。

・友達とクイズだしあったり、でもいいです(勉強仲間を作る、というのは

かなり有効ですね)。

・一人でやり遂げようとしないで、同志をあつめて切磋琢磨する、

・あるいは私のようなコーチをつけて「褒めて育ててもらう(笑)」あるいは

「叱咤激励してもらう(笑)」

・あるいは「スタサプ」みたいなアプリでゲーム感覚で学ぶ、

でもいいのです。

でも、とりあえず、やらないことには絶対無理、です。

まずは一歩、踏み出しましょう。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。