TOEIC Speaking and Writing を受験してきました

読み、聞き、話し、書く、すべての技能で満点をとることを心に決めて

勉強を続けていますが、いつでもそんなにうまくいくわけではありません。

特に話すのは、普段あまり練習していないので(最近はプレゼンに力をいれていますが)、

これまでの蓄積の差がやはり現れます。

スピーキングは、「問題解決」と「意見表明」のまとめ方がイマイチで

同じ単語を何度か使ってしまったように思います(減点対象。語彙が貧弱と思われる)。

そして、今回痛恨のミスは、ライティングです。emailを書く問題だったのですが

「書ける」自信が災い?(満点をとったことがあります)して、

いろいろ書いているうちに、要件(2つの提案と一つの推薦)

を満たした文章を書ききれないうちに時間終了。

時計をみないで半ばフロー状態でいろいろ書いているうちに…画面が切り替わったときの

ショックと言ったら。

今年は、TOEIC L&R(Listening and Reading)の模試会を何度か実施しましたが、

来年はS&W(Speaking and Writing)の模試会も実施しようと思っています。

必ずリベンジし、最高点を目指します。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。