TOEIC英語勉強方法のコンサルティングをおこないました

TOEIC本番前に実施している模試会にご参加の方からご依頼をいただき、

TOEIC英語勉強方法のコンサルティングを実施しました。

模試会でとった点数は、リスニング49%(素点)、リーディング42%(素点)で、

TOEICに換算すると450点前後、というところでしょうか。

リスニングでは、パート2の応答問題がやや苦手。

これは、日常会話ぽい英語に慣れていないところからくるもの。

そして、その後に続く聞き取りはそれぞれパート4で54%, パート5で43%。

パート3、4はいかに設問を早く読み、

その答えとなる音声を聞き分けるかがポイントになりますから、読む速さと聞く正確さを試す問題。

やはり、圧倒的に聞く量が少ない、かなあという印象。

リーディングパートでは、予想通り最後のパート7はほとんど解答できず。

これは「読解力」というより問題への慣れ、そして読む速度がまだまだ追いついていない。

時間をかければかなり点数は伸びるはず。

ところで、パート5の文法問題は50%の正答率。

ふむふむ。

まず手をつけるのはパート5の語彙力と、品詞を見分ける文法力ですね。

これは、練習すれば着実に身につきますので、あれこれやるより

TOEIC単語を1冊、TOEIC文法問題集を一冊、繰り返しやることかな。

本人なりに努力されていて、オンライン英会話も継続されています。

もちろん、それもいいのですが、それだけでは、TOEICの点数につながりません。

というのは、ネイティブの先生はあまり文法をなおしてくれたりしないので。

急にあれこれやってもすぐに息切れするので、

オンライン英会話が楽しいならばそれを続け、でもちょっと地道な

文法、語彙の強化をコツコツやることをお勧めしました。

あと、会話に慣れるのに一番安くて身近なテキストはラジオ英会話。

あれもこれも手をだしたくなるところをグッと抑えて

続けられることをきちんと続けましょう、とアドバイスしました。

この記事を書いた人

昇進・転職TOEICコーチ清美

大阪生まれ。大学卒業後、夫の転勤に伴って各地を転々としつつ、通訳・翻訳などフリーランスの仕事を続ける。夫のニューヨーク転勤の機会を生かして37歳で3児を育てながら長年の夢だった米国コロンビア大学国際関係学大学院への留学を実現。NYの国連本部にある国連開発計画にてインターンを経験する。現在は「TOEICコーチ」として活動中。英検1級、TOEIC990点取得。